高山本線~渚駅~ | 初心者向け無料作詞教室「原科香月の作詞の小部屋」友遊コミュニティ

小鳥

ブログ

高山本線~渚駅~

2015年10月10日

 高山本線~渚駅~

高山本線に、渚駅という駅があります。高山はみなさんがご存知のように、高地にあり冬は雪深いところです。それなのに、「渚」とは、どうした謂れから付けられた地名なのでしょうか?海や湖がある訳でもないのに。

私は、パソコンで地図を見て、空想をするのが好きです。ある日、偶然「渚駅」という駅名に出会い、とても面白い地名と思い、作詞を思いつきました。都会で暮らす高山出身の若い女性が、人生のつまづきにこらえきれず故郷高山に帰って来る、というストーリーにしました。高山の冬の様子や飛騨川の流れ、電車の時刻表まで調べました。歌詞に、嘘があってはならないからです。

  高山本線~渚駅~

 1 夜更けに着いた ふるさと駅は

   山並み険しい 無人駅

   海はないけど 名は渚

   都会を逃げて来たわたし

   粉雪しんしん 

   あ~あ ここは 高山本線渚駅

2  飛騨川走る 谷間の里で

   咲かせた昔の 恋椿

   思い出させる せせらぎよ

   あのひと今はどうしてる

   粉雪しんしん

   あ~あ ここは 高山本線渚駅

3  やさしい母に 逢いたいけれど

   見せてはならない この涙

   わたしこのまま 眠らずに

   夜明けが来たら帰ります

   粉雪しんしん

   あ~あ ここは 高山本線渚駅

この歌詞に、作曲及び編曲をして下さったのは、筧哲郎先生です。筧先生は、作曲者名を竹見さとしと言います。そして、歌唱をして下さった方は、歌手の春田圭子さんです。春田さんの歌唱力は、それは大変な実績に裏付けられています。ここでは省略させて頂きますが、「私の作詞した曲」をクリックして頂き、一度お聴き頂ければご納得されることと思います。

今回のブログの画像ですが、2枚とも「よっちさん」からお借りしたものです。ありがとうございました。心から感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

原料香月の作詞の小部屋 お問い合わせ


ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ