ひとり雨晴海岸 | 初心者向け無料作詞教室「原科香月の作詞の小部屋」友遊コミュニティ

小鳥

ブログ

ひとり雨晴海岸

2015年11月02日

 ひとり雨晴海岸

この「ひとり雨晴海岸」の作詞のエピソードとしましては、富山湾の地図をパソコンで見ていた折、偶然「雨晴海岸」という地名を発見し、ネット検索しましたら、そのあまりの美しさに驚き、作詞を思い立ちました。この作詞のシチュエーションとしましては、「若い女性が、将来を誓い合いながも別れた、恋人の故郷を訪れる」という設定に致しました。この「ひとり雨晴海岸」が、少しでも多くの方に、雨晴海岸を知っていただくお役に立てたらと思います。尚、記載の画像は、雨晴観光協会様から拝借いたしました。

  ひとり雨晴海岸

   1 ひとり来ました 氷見線に乗り

     あなたさがして この海岸に

     きっと逢えると 信じて来たの

     吐く息凍る白浜は 人影もなく

     あなたの故郷 ひとり雨晴海岸

   2 海にそびえる 立山連峰

     かもめ鳴きます ああ恋しいと

     わたし決めたの あなたと生きる

     死ぬまで二人一緒だと あの夜の誓い 

     いまどこ何処なの ひとり雨晴海岸

   3 あなた自慢の この海岸の

     晴れているのに 義経岩は

     何でわたしの こころを濡らす

     あなたの名前叫べども 波間に消えて

     せつなく咽ぶの ひとり雨晴海岸 

この曲は、作詞がわたし原科香月・作曲・竹見さとし・編曲・筧哲郎です。歌唱はプロ歌手の春田圭子さんが、情感たっぷりに歌い上げて下さいました。ご試聴は、ブログ「私が作詞した曲」を開いて頂けますようお願いいたします。 

 

 

原料香月の作詞の小部屋 お問い合わせ


ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ