霧降高原哀歌 | 初心者向け無料作詞教室「原科香月の作詞の小部屋」友遊コミュニティ

小鳥

ブログ

霧降高原哀歌

2017年10月15日

 霧降高原哀歌

「トッカリショの伝説」の作詞がが完成し、今回は秋田県か栃木県をテーマにしようと考えておりました。秋田県は、「アップルスター」さんからのご提案を頂いていたからです。

悩んでいた時に偶然ですが「栃木県の霧降高原に、この前行って来たけど、とても良かったよ。お蕎麦も美味しかった。」と知人が申しておりました。私が、ネットで作詞教室をしていることは、その知人は知りませんでした。まして、次回のテーマを栃木県か秋田県のどちらにしようかなどと悩んでいることは、露ほども知らない人でした。

「霧降高原」なんと、情緒のある響きでしょう。なんかとても歌の舞台に合いそうな予感がしました。さっそく8月末と9月初めの2回ほど訪問し、その素晴らしさに感動し作詞の作業に入りました。

「霧降高原哀歌」は、昨年2016年8月26日から今年の1月11日の第12回でやっと完成しました。上の画像は、「マツクラの滝」です。

上の画像は私が撮ったもので、「霧降の滝」です。2度目の訪問のこの日は、とても良く見えました。

この画像は、8月末に訪問した時の画像だったように思います。噂通り、すごい霧でした。

この画像は、「天空の回廊」と呼ばれる1,445段の階段です。小丸山展望台から登ってきた階段を振り返って撮りました。

霧降高原の駐車場とレストハウスです。8月の末でしたが、少し秋の気配が感じられます。

 霧降高原哀歌

  1番   あなたと歩いたこの高原に       

       辺り一面咲いていた      

       黄色い花の日光キスゲ     

       今日はひとりで歩きます       

       暦は夏の終わりを告げて 

       霧降の森はわずかに        

       色付いてます

 

  2番   いのちの儚さただ恨みます    

       霧にあなたの横顔が      

       微笑みながら浮かんで消えて   

       私のこころを濡らします    

       水面に投げた小さな石に    

       アキアカネ群れて飛びます     

       マツクラの滝 

 

   3番   あなたが優しく手を差し延べて 

        ふたり渡った丸木橋      

        あなたの愛で満たされていた  

        あの日は再び帰らない     

        どうして私ひとりを置いて

        病葉が風に吹かれて         

        舞い落ちてます 

 ※ 暦(こよみ) 儚さ(はかなさ) 病葉(わくらば)

原料香月の作詞の小部屋 お問い合わせ


ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ