課題テーマ「天の川」 | 初心者向け無料作詞教室「原科香月の作詞の小部屋」友遊コミュニティ

小鳥

ブログ

課題テーマ「天の川」

2015年11月24日

天の川 課題テーマ「天の川」第4回

この画像は、norakのらさんの「天の川」です。あまりに素晴らしい画像でしたので、お借りしました。なんと綺麗なのでしょうか?

ネットで調べてみますと、天の川は一年中見ることは出来るそうですが、夏の天の川は比較的光が強く確認し易いようです。逆に、冬の天の川は淡く確認が難しいそうです。

作詞「天の川」第4回目

まだ「ことば集め」の段階ですが、歌詞1番から3番までをイメージしながら言葉を並べてみました。どうしても「天の川」から連想するストーリーは、私の発想能力の低さからですが、1年に一度しか会えない織姫と彦星を意識してしまいます。この現代において1年に一度しか逢えないなどということは、どう考えてもあり得ません。

しかし、特殊の場合も考えられなくはありません。例えば、お互い命も欲しくないほど愛し合っていても、世間が許さない恋もあります。誰か複数かも知れませんが、その人たちのために諦めようと何度も決心しながら離れられず、天の川のように1年に一度だけでもと、隠れ宿で逢引きする、そんな男女もいるかも知れないと思ったのです。

「天の川慕情」

①  こんなに愛した人なのに

   逢ってはいけない定めの二人

   せめて一度のこの日だけ

   誰にも知られぬ隠れ宿

   〇〇〇 〇 〇〇〇

   知らぬふりして 天の川

②  なぜに二人は許されぬ

   愛におぼれて身を焦がす

   世間が無理に引き離す

   なおさら募る恋こころ

   明日がやっとのその日なの

   許してお願い 天の川

③  笹の葉に吊るした短冊は

   赤い色です 私の想い

   二人に春は訪れまいと

   このまま時が流れても 

   悔いはないです この人生に

   二人を守って 天の川

思い付くまま2時間あまりで書いてみました。もちろん字脚は無視しています。イメージ・ストーリーは、だいたいこんな感じになるのかなという程度です。ですが、初めにイメージしたような歌詞になることが多いように思います。

まだまだ作詞の5合目です。このイメージをもう少しまとめ、それから字脚合わせに進む予定です。

 

    

 

   

原料香月の作詞の小部屋 お問い合わせ


ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ