課題テーマ「傘」 | 初心者向け無料作詞教室「原科香月の作詞の小部屋」友遊コミュニティ

小鳥

ブログ

課題テーマ「傘」

2015年12月19日

もみじ②  作詞「傘テーマ」第5回

この作詞「傘テーマ」もご無沙汰してしまいました。少しでも早く進めたいと思います。

DSC01197

上の画像は、近くの公園での撮影です。もみじはとっても綺麗でした。下の画像は、十和田湖の行った時の紅葉の写真です。

作詞「傘」5回目

物語には、ハッピーエンドのものと悲しい結末との両方があります。わたしが心に残っているハーピーエンドは「白雪姫」「ロビンフッド」等が浮かびます。しかし、悲しい最後を迎える物語は数えきれません。「野菊の墓」「誰がために鐘は鳴る」他にもたくさんあります。

今回、「傘」の物語は自然に「悲しい物語」を選びました。それは、やはり幸せな物語よりも、悲しさ物語の方がインパクトが強く、視聴者に受け入れてもらい易いからです。でも、それを歌詞にするには、とても困難が伴います。なぜなら、起承転結をたった15行から20行くらいの文章でまとめるわけですから、言葉の流れを作ることが難しいのです。今回、3番で1~2番の幸せ感を一気にぶち壊し、聴く方に不自然さを感じ取られずに、一挙に涙の世界に誘うという歌詞にしたいと進めていますが、果たしてご覧の方たちはどのように感じられることでしょう?さっそく、5回目に入ります。

 1番  小雨そぼふる キャンパス内を    3   4   8

     濡れて歩いた この僕に       3   4   5

     走って傘を 差しだした       4   3   5

     おどろく僕に 笑顔のえくぼ     4   3   7

     君と初めて逢った日は        3   4   5

     冷たい秋の日暮れ時         4   3   5

     甘い香りに 不思議な予感      3   4   7

 2番  少し遅れた ただそれだけなのに   3   4   9

     怒った振りした その顔が      4   4   5

     ふいにアハハと無邪気に笑う     3   4   8

     あの日からだね 傘は一つで     3   4   7

     二つの影がひとつになって      4   3   7

     歩いていたね どこまでも      4   3   5

     雨に似合うね 柿の木坂は      3   4   7

 3番  ある日待っても 見えない姿     3   4   7

     君のふるいさと 行こうねと     3   4   5

     ささやく僕に  笑う君       4   3   5

     なぜか瞳は 潤んでいたね      3   4   7

     舗道を走って はねられたって    4   3   7

     後から聞いたよ 今いくよ      4   4   5

     君のお墓に 涙で傘を        3   4   7

 

この時点では、字脚はバラバラです。また、3番の歌詞に整合性がありません。・・・後から 聞いたよ 今いくよ・・・。その前の歌詞から、一挙に慟哭の最後に向かう筈ですが、脈絡がないためこれでは、聴いた人には何が何だかわからないという歌詞になっています。

次回は、字脚とこの3番の歌詞を修正したいと考えています。

 

 

原料香月の作詞の小部屋 お問い合わせ


ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ