課題テーマ「白椿」第2回目 | 初心者向け無料作詞教室「原科香月の作詞の小部屋」友遊コミュニティ

小鳥

ブログ

課題テーマ「白椿」第2回目

2016年01月08日

まきば公園よりの富士山 作詞「白椿」第2回目

本日は「穂の国」さんの画像をご紹介させて頂きます。この富士山の画像は、「まきば公園よりの富士山」です。雲に浮かぶ富士山は、何度見ても美しいものです。

八ヶ岳「権現岳」

2枚目は、八ヶ岳「権現岳」というタイトルの画像です。海の風景も素晴らしいですが、山の風景も決して負けてはいません。

雲の隙間から斜光

3枚目は、「雲の隙間からの斜光」です。今度は、海です。穏やかな海に、雲の隙間から光が差し込み、海面が美しく輝いています。

東沢大橋「赤い橋」

最後の4枚目は、東沢大橋「赤い橋」です。新緑の季節にも映えるでしょうが、冬の茶褐色の風景にも「赤い橋」は調和して1枚の絵のようです。

作詞「白椿」第2回目

昨年の12月29日に、hanahanaさんから「白椿」の課題テーマのご提案があったことをお話しさせて頂きました。そして、そのご提案を頂いた日に、思い浮かんだ言葉を記しました。その時は1番の歌詞になるかという位の僅かな内容でしたが、その時を第1回目とさせて頂き、今回を2回目とさせて頂きます。

(1番のイメージ)

    いつかあなたと行った岬の隅に

    寂しく咲いてた白椿 

    いまさら思い出しても

    どうにもならないものを

    忘れられない未練花

    今夜も冷たい雨が降る

    あの人どうしているのやら

(2番のイメージ)

    ついておいでとなぜ言えないの

    私の心は分かってるのに

    岬の椿を見たときに

    私がこぼした涙の訳を

    聴こうとしない冷たい人を

    何で好きになったのか

    なんで思い出させる白椿

(3番のイメージ)

    椿と山茶花どっちが好きと

    ふざけて聞いた馬鹿な人

    あれから幾年過ぎたけど 

    やっぱり私は好きだった

    いまさら悔いても遅いけど

    もういちど逢えたなら

    咲かせてみせます白椿

(余ったことば)

    訪ねてみました昔の岬

    今も岬の隅で咲いている

    昔のまんまの白椿

 

全体のイメージとして、ことばを並べてみました。内容的に思い付きの言葉が目立ち、恥ずかしい限りです。今回、課題テーマが5つということで、少し焦りがあるようです。作詞のプロなら、一気にまとめてしまうのでしょうが、私は少しづつしか進めません。心を込めた作詞というものは、なかなか難しいものだと今思っています。「白椿」のイメージ画像は、この作詞タイトルのご提案者のhanahanaさんが撮られたものです。

 

原料香月の作詞の小部屋 お問い合わせ


ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ