課題テーマ「室蘭 トッカリショの伝説」第10回 | 初心者向け無料作詞教室「原科香月の作詞の小部屋」友遊コミュニティ

小鳥

ブログ

課題テーマ「室蘭 トッカリショの伝説」第10回

2016年08月10日

 

中禅寺湖にて 第10回「トッカリショの伝説」

上の画像は、昨日、日光の中禅寺湖にドライブに行って来た時のものです。昔、中学生の時に行っただけでしたので、急に行きたくなり早朝に出かけました。中禅寺湖には、夏休みということもあり、親子連れや外人さんのバスツァーなどで多くの観光客の方がいらっしゃいました。

中禅寺湖と男体山

湖水は、透明でとてもきれいでした。正面の山が紅葉を迎えるころは、水面が映り込みで素晴らしい風景になるのではと思いました。

役割を終えて

この黒い遊具の船は、多くの子供たちに喜びを感動を、そして思い出をたくさんプレゼントしたことでしょう。近い将来、超高齢者社会になります。もう使えないものは、邪魔だというような社会にはなって欲しくありません。

第10回「トッカリショの伝説」

トッカリショ5

作詞に創作「トッカリショの伝説」を一部修正いたしました。この前のブログでご紹介しましたので、作詞をもう一度ご覧頂きたく表記させて頂きます。

 

  1番   室蘭の母恋駅から僅かのところ                

       奇岩断崖の景勝地トッカリショは             

       アイヌの悲しい伝説が今も生きてる岬             

       蝦夷黄菅の黄色い花に守られた                  

       岬に並んだ二つのお墓           

 

  2番   セルゲイ恋するイサエマツ17歳         

       沖に金色の魚を求めセルゲイひとり          

       いつしか嵐に巻き込まれ哀れ飛び交う小舟         

       守りたまえ愛する人に逢うまでは               

       その時一際大きな波が              

 

  3番   イサエマツ沖合い見つめて浜辺にひとり          

       祈るその姿面影消え老婆のように               

       ある朝岬によじ登る強い覚悟の乙女               

       夕暮れまで待って帰らぬその時は              

       月夜の飛沫に乙女は消えた                     

 (繰り返し)

       アイヌの悲しい伝説が今も生きてる岬 

       蝦夷黄菅の黄色い花に守られた      

       岬に並んだ二つのお墓 

  ※ 奇岩断崖 → きがんだんがい   蝦夷黄菅 → エゾキスゲ  飛沫 → しぶき

 

北海道の菻茉さんから頂いた1枚の画像「トッカリショ」を拝見しまして、この「トッカリショ」の作詞をするなら、アイヌの悲しい物語を創り、それを作詞という形にする方法を思い付きました。物語は二日間で下書きなしで書き進められましたが、作詞は字脚等の制約がありますので、物語を創るよりはるかに難しい作業です。このまま、もし修正箇所が見つからなければ完成と致します。(ピンクの一文字を変えました。)この作詞も、曲が付くかは今はまだ分かりません。今回は、北海道の菻茉さんには大変お世話になりました。心から御礼申し上げます。

次回は、栃木県か秋田県をテーマにしたいと考えています。今後とも宜しくお願い致します。

原料香月の作詞の小部屋 お問い合わせ


ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ