課題テーマ「霧降高原」第5回 | 初心者向け無料作詞教室「原科香月の作詞の小部屋」友遊コミュニティ

小鳥

ブログ

課題テーマ「霧降高原」第5回

2016年12月09日

%e5%87%8d%e3%81%88%e3%82%8b%e7%a7%8b 課題テーマ「霧降高原」第5回

上の画像は、先月関東地方に何十年か振りに降った11月24日の雪の朝に撮ったものです。まだ紅葉が終わらぬ内の雪です。誰もが驚き、やはり異常気象のせいかと話しておりました。

%e3%82%ab%e3%83%9c%e3%82%b9%e3%81%ae%e7%99%bd%e3%81%84%e5%b8%bd%e5%ad%90

私の家の裏庭にあるカボスの果実にも、雪は当然降りました。このカボスの木は約2mの小さな木ですが、今年も直径6~10cm位の実を60個くらい付けてくれました。

課題テーマに挑戦「霧降高原」第5回

dsc03132

この画像は、「天空回廊」の1445段の階段を登りきった所だった思います。霧は晴れたと思ったら再び現れました。

早速ですが、前回からの「霧降高原」の作詞を前進させたいと思います。まだストーリーは固まっておりませんが、ことば集めを集中させながら少しづつイメージを膨らませながら纏めて行きたいと思います。

 

       作詞 霧降高原

  1番   あなたと歩いたこの高原に

       群れを成して咲いていた

       黄色い花の日光キスゲ

       今日はひとりで歩きます

       暦(こよみ)は夏の終わりを告げて

       赤いトンボが群れてます

  2番   二人で渡った丸木橋

       初めてつないだ二つの手

       今も残っています温もりが

       召されて逝ったあの人を

       病葉抱いて忍びます

       霧が思い出隠します

 

前回のことば集めから、少し作詞に近づけてみました。おぼろげながらストーリーが見えてきたという感じです。「抒情的な作詞」このことばに憧れますが、作ろうとして出来るものではないような気が致します。いつか自信を持って、多くの愛される「抒情歌」の作詞を目指したいと思います。

今回追加したことばを記してみます。まだ、起承転結に当たる「結」のことばが出て来ません。まだストーリーが固まっていないのですから止むを得ないことかも知れません。

     霧降の滝も啼いてます

     霧が哭いてる霧降高原

     霧が哭いてる

     わたし生きて行きます

     やっと晴れたわ 私の霧も

     あなたの面影

     霧のせいです涙じゃないわ

     病葉を両手で抱いて

     病葉を優しく抱いて

     いつの世も悲しい別れがあるものなのね

     病葉抱いて忍びます

     霧が思い出隠します

     霧も哭いてる私と共に

     悲しい別れはいつの世も

     枯れた野莇(のあざみ)囁きます

     私に耐えて生きて行け

     天空回廊空に向かって歩きます

以上です。このことば集めをもう少し頑張って、3番の作詞に向けて進めたいと思っています。初めてです。ストーリーが曖昧のまま作詞を進めて行くということは。果たして、どんな歌詞になるのでしょうか?私にもまだ分かりません。

原料香月の作詞の小部屋 お問い合わせ


ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ