課題テーマに挑戦「増毛町」第14回 | 初心者向け無料作詞教室「原科香月の作詞の小部屋」友遊コミュニティ

小鳥

ブログ

課題テーマに挑戦「増毛町」第14回

2017年04月16日

 

 課題テーマに挑戦「増毛町」第14回

いよいよ課題テーマに挑戦「増毛町」も佳境に入って来ました。第14回目でようやく8合目辺りまで辿り着くことが出来ました。

でもその前に、今日は、増毛町別苅にあります「オーベルジュましけ」のスイーツをご紹介したいと思います。この内容は増毛観光情報局の「ましけコラム」より転載させて頂いております。

特に素晴らしかったスイーツ

テーブル全部で10種類ぐらいあったと思います。

今回は、事情があって、アルコールを飲んでいなかったので、すべて食べてみました。私にとっては、初めて。

すべて甘いのかと思ったらそうでもなく、果物の酸味もアクセントになっています。皿に取り分けたものをペロリ。

小さなサイズのケーキが多く、カロリーも気になりません。子供と女性が多ければ、このブッフェスタイルいいと思います。(スタッフ談)

  

  

  

 

課題テーマに挑戦「増毛町」第14回

いよいよこの課題テーマも第14回を迎えました。そろそ完成が見えてこないと、この作詞教室の存在意義が無くないそうで多少焦っております。前回13回では、脈絡が不十分なこと・整合性に自信がないこと・言葉の使い方が一定していない・・・このようなことを問題として提起しました。さっそく修正した歌詞を1番から3番まで記します。修正した部分の文字は紫色で示しました。

    増毛恋歌

  1   ツリーが映る墨田の川に 震えるみぞれ       

      都会の暮らしも はや幾年か            

      今頃ふるさと増毛の海は 吹雪いて時化か             

      父は荒海 エビ籠漁か                   

      増毛の空が恋しい 山が恋しい 情けが恋しい      

      アァ~ アァ~ 増毛連峰 瞼に浮かぶ         

 

  2   夕日が落ちる雄冬の岬 離れてふたり        

      涙で見ていた あの日本海             

      あなたは今でも独りでいるの 変わりはないの        

      あの日ホームで 濡らした切符           

      あなたの胸が恋しい 声が恋しい 笑顔が恋しい     

      アァ~ アァ~ ゴメの鳴き声 愛しさつのる      

 

  3   高層ビルの谷間で想う ふるさと増毛        

      母さん手紙で また繰り返す            

      風雪乗り越え築いた郷土 おまえも守れ        

      わたし生きるわ 増毛と生きる           

      増毛の海が待ってる 山が待ってる 私を待ってる  

      アァ~ アァ~ 増毛音頭を わたしは踊る 

 

以上のように修正しました。歌詞3番で、主人公が帰郷の意思をどうしたら固めることが出来るのか、その脈絡に悩みました。もちろん主人公は望郷の念で一杯の状態で、母から「風雪乗り越え築いた郷土 おまえも守れ!」との便りが決め手になったという筋書きとなりました。しかし、都会から逃げるのではなく、先人の偉業をしのび、輝かしい歴史と伝統を受け継ぐ覚悟と志を持っての帰郷です。何ら恥ずかしいことも後ろめたいこともありません。過疎化したこの増毛を守り抜くための帰郷です。胸を張って帰郷して欲しい想いです。

これで完成とは思っておりません。また推敲して修正がありましたら直ぐアップいたします。もし完成なら、筧先生に作曲をお願いする予定です。

 

 

原料香月の作詞の小部屋 お問い合わせ


ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ