「曲先」に初挑戦「雪の比羅夫(ひらふ)駅」第1回 | 初心者向け無料作詞教室「原科香月の作詞の小部屋」友遊コミュニティ

小鳥

ブログ

「曲先」に初挑戦「雪の比羅夫(ひらふ)駅」第1回

2017年07月09日

 曲先挑戦「雪の比羅夫駅」第1回

このホームページを開設してから、初めて「曲先」「作詞後」に挑戦いたします。私は、何のしがらみのない状態で、自分の好きなように作詞をする方法が一番好きです。というより、曲先については全く経験がありません。

今回は、諸事情により曲が既に出来ており、その曲に合わせて作詞を致します。曲のイメージに合わせた言葉を入れ、完成させるというものです。本当は、皆さんに曲を聴いて頂きたいのですが、作詞が完成したあとで歌唱を聴いて貰えたらと望んでいます。

画像は、函館本線の「比羅夫駅(ひらふえき)」です。まだ、何の準備も出来ておらず、ウキィペディア様から画像をお借りしました。

この曲先に挑戦するための、字脚等を記してみます。題名は、「雪の比羅夫駅」と致しました。選んだ理由ですが、日本百名山にも選定されていて「蝦夷富士」と呼ばれてい「羊蹄山」があり、且つ「半月湖」と呼ばれる美しい湖があることから、作詞のイメージに合うと考えたからです。

 

   作詞「雪の比羅夫駅」 

   比羅夫駅(ひらふえき) 北海道虻田郡倶知安町

 

   1行目 〇〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇〇 〇〇〇        4 3 4 3

   2行目 〇〇〇〇 〇〇〇〇 〇〇〇〇〇          4 4 5

   3行目 〇〇〇 〇〇〇〇 〇〇〇〇〇           3 4 5

   4行目 〇〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇〇〇           4 3 5

   5行目 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇              4 4

   6行目 あ~あ 〇〇〇 〇〇〇〇 〇〇〇〇 〇〇〇〇〇  3 3 4 4 5 

 

上記の条件の字脚数の言葉を合わせ入れ、曲のイメージの作詞を完成させるという方法です。曲のイメージは、雪が降り北国の何か寂しい情景が浮かびます。うまく完成するか自信はありませんが、一度試してみるのは決して悪いことではないと思っています。急がず、時間をかけて完成させたいと思います。

「鳥海山」の作詞も並行して進められるよう頑張りたいと思います。それから、イメージをより強くするために、「比羅夫駅」「羊蹄山」「半月湖」の画像をたくさん集めて、皆さんにも「こんな綺麗な所だったんだ。」と知って頂けるように頑張りたいと思っています。

原料香月の作詞の小部屋 お問い合わせ


ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ