課題テーマ「銀盤の風」第4回 | 初心者向け無料作詞教室「原科香月の作詞の小部屋」友遊コミュニティ

小鳥

ブログ

課題テーマ「銀盤の風」第4回

2016年01月12日

岩船寺本堂 課題テーマ「銀盤の風」第4回

本日のお勧め画像は、すなちゃんさんの4点の素晴らしい画像です。上の1番目は、「岩船寺の本堂」です。岩船寺は、京都府の木津川市にあるお寺です。アジサイの名所として知られ、「アジサイ寺」とも呼ばれています。(がんせんじと呼ぶそうです。)

岩船寺

同じ岩船寺です。私は京都が大好きですが、このお寺にはまだ行ったことがありません。京都はやはり紅葉の季節が一番良いように思います。今度京都に行くときは、この岩船寺をぜひ、紅葉の季節に拝観させて頂こうと思います。

岩船寺 (2)

岩船寺の3枚目です。三重の塔でしょうか、朱の色が鮮やかです。

椿

最後の4枚目は、「椿」です。赤と白の混じった椿です。拡大してご覧ください。とても綺麗なのが良く分かります。すなちゃんさん、有難うございました。

作詞「銀盤の風」第4回

前回の第3回は、とにかくことばを並べてみました。行数も考えず、もちろ字脚も考えないで並べてみました。全体的な流れ、またイメージは悪くはないと思います。ですが、作詞の完成からみると、富士山の2合目から3合目で、作詞としては全くこれからというところです。今回も、少しは前回よりも良くなったかも知れません。さっそく記してみます。

 

 1番   詠うよ 詠うよ 風が詠うよ

      僕といっしょに 風が詠うよ

      僕としずかに 詠い始める

      父と母に 感謝を歌う

      見つめる人に 感謝を詠う

      広い銀盤 詠って回るよ

 

 2番   走るよ 走るよ 風が走るよ

      僕といっしょに 風が走るよ

      僕の後ろに 走っていくよ

      凛と輝く銀盤で 風との共演

      魅せて輝く 今このとき

      僕と風とは 夢中で走る

 

 3番   踊るよ 踊るよ 風が踊るよ

      僕といっしょに 風が踊るよ

      僕が舞うとき 風も踊るよ

      宙(そら)に舞うとき 風も宙になる

      僕が舞うのを 終えたとき

      風はやさしく 僕に微笑むよ

 

今回は、行数を6行に合わせてみました。行数は合いましたが、字脚は揃っていません。1番目の、感謝が2回続くのは感心しません。まだまだ作詞としては評価出来ません。2番目の4行と5行目の「輝く」が2回続いています。作詞をしている時は、なかなか気付かないものです。別なところで悩んでいると、気付く余裕がないのです。今回が4回目ですから、4合目というところでしょうか。次回は言葉の修正をし、また字脚を入れてみたいと思います。

 

 

 

原料香月の作詞の小部屋 お問い合わせ


ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ