課題テーマ「童謡 まひろちゃんのおさんぽ」第2回 | 初心者向け無料作詞教室「原科香月の作詞の小部屋」友遊コミュニティ

小鳥

ブログ

課題テーマ「童謡 まひろちゃんのおさんぽ」第2回

2016年11月11日

%e6%88%91%e3%81%8c%e5%ae%b6%e3%81%ae%e6%9f%bf%e3%81%ae%e5%ae%9f 「まひろちゃんのおさんぽ」第2回

秋も大分深まって来ました。今朝は雨でとても寒く、まるで真冬のような感じがします。今回は、以前撮りました晩秋の画像を3点紹介させて頂きます。上の1枚めは我が家の柿の実です。結構甘くて、好きな人に差し上げますととても喜ばれます。

%e7%b4%94%e7%99%bd%e3%81%ae%e5%b1%b1%e8%8c%b6%e8%8a%b1

この山茶花は、近くを散歩した折撮った画像です。山茶花と椿は見分け方が難しいのですが、山茶花の葉は周りがギザギザしていますが、椿はほとんどギザギザガないそうです。また山茶花は花びらが散るのに対し、椿は花ごと落ちてしまうそうです。

%e6%99%a9%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%b4%85%e8%91%89

この画像も家の近くを散歩していた折撮ったものです。もう各地から初冠雪の便りが届いています。紅葉もキレイで素晴らしいですが、この季節には美味しいものが沢山あります。秋は、やはり食欲の秋ですね。

童謡「まひろちゃんのおさんぽ」第2回

%e3%81%8a%e6%95%a3%e6%ad%a9

前回、絵本のような物語を載せましたが、これを童謡にするということは私にはどうしたら良いのか分かりません。そもそも童謡は初めてです。見よう見まねで作ってみたいと始めましたが、演歌や歌謡曲のようにもちろん字脚を合わせる必要があるのでしょうか?勉強不足で申し訳ありませんが、その辺のところも分かっておりません。

絵本であれば、文字数に関係なく作ることができますが、それを童謡の歌詞にすることは今の私には、雲の中を歩くようなものです。ですが、とにかくたたき台を作り次のステップに進んで行かなければなりません。誠に恥ずかしい限りですが、そのたたき台をアップしてみます。

 

~ 童謡 まひろちゃんのおさんぽ ~

 

まひろちゃんはピンクの可愛いくつをはき

ひとりさんぽにいきました

 

柿の木のスズメさんがいいました

チュン チュチュン まひろちゃんどこ行くの

 

おさんぽに行くの

まひろちゃんは スタスタ歩いて行きました

 

どんぐりの木のカラスさんがいいました

カア~ カカア~ まひろちゃんどこ行くの

 

おさんぽに行くの

まひろちゃんは スタスタ歩いて行きました

 

池のあひるさんがいいました

ガァ~ ガガァ~ まひろちゃんどこ行くの

 

おさんぽに行くの

まひろちゃんは スタスタ歩いて行きました

 

うめの木のウグイスさんがいいました

ホ~ ホケキョ~  まひろちゃんどこいくの

 

いまからお家にかえるとこなの

まひろちゃんは スタスタ歩いて行きました

 

お家の近くでおかあさんが走ってきました

おかあさんはまひろちゃんを抱きしめました

おかあさんは 泣いていました

 

これで童謡の歌詞と言えるのでしょうか?皆目見当がつきません。私は基本的に、作詞に関しましては他の方の歌詞は殆ど見たことがありませんが、こと童謡に関しましては見せて頂いて学ばせて頂かなくてはならないと感じています。このページをご覧の方で童謡に詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひアドバイスをお願い致します。

 

 

 

 

原料香月の作詞の小部屋 お問い合わせ


ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ