課題テーマに挑戦「鳥海山」第41回 | 初心者向け無料作詞教室「原科香月の作詞の小部屋」友遊コミュニティ

小鳥

ブログ

課題テーマに挑戦「鳥海山」第41回

2018年02月01日

  課題テーマに挑戦「鳥海山」第41回

「鳥海山物語」ですが、前回第40回で殆ど完成かと思いましたが、やはり読み返してみますと、(ああ、この部分のことばは、整合性がない。あるいは、表現が良くない、もっと他に相応しいことばがある筈だ)と思える箇所が目に付きました。

ですので今回は、前回の歌詞と今回修正したものとをご覧頂きたいと思います。

 鳥海山物語

(前回の作詞)

  1番   あぜ道にコスモスの花咲乱れ    5  7  5    

       凛々しくそびえる鳥海山よ     4  4  7     

       ふたり逢瀬の御嶽の神社      3  4  4  3  

       木洩れ日に白く浮かんだ横顔の   5  3  4  5 

       笑顔に輝くその瞳         4  4  5

       浴衣の花よりなお美しく      4  4  7    

 

  2番   この想い何故に届かぬあの人に   5  7  5        

       夜更けに綴った涙の手紙      4  4  7     

       便り待つ身の震えるこころ     3  4  4  3  

       境内であの日交わした抱擁を    5  3  4  5 

       忘れはしません永久に       4  4  5

       私のいのちを支えています     4  4  7    

 

  3番   山裾は色とりどりに燃えてます   5  7  5    

       あなたを想って嫁いでいく身    4  4  7      

       いつか分かってくれるでしょうか  3  4  4  3   

       拝殿の鈴を鳴らして祈ります    5  3  4  5 

       あなたの幸せ祈ります       4  4  5    

       あふるる涙の白無垢姿       4  4  7 

 

以上が前回2回目の夕方の作詞ですが、更に修正致したものを以下に記します。

  鳥海山物語

     

  1番   一面にヒマワリの花咲乱れ       5  7  5    

       凛々しくそびえる鳥海山よ       4  4  7      

       ふたり逢瀬の御嶽の神社        3  4  4  3  

       木洩れ日に白く浮かんだ横顔の     5  3  4  5 

       笑顔に輝くその瞳           4  4  5

       浴衣の花よりなお美しく        4  4  7 

       

  2番   この想い何故に届かぬあの人に     5  7  5        

       夜更けに綴った涙の手紙        4  4  7     

       便り待つ身の女のこころ        3  4  4  3  

       境内であの日交わした抱擁を      5  3  4  5 

       忘れはしません永久に         4  4  5

       静寂の夜明けに枕濡らして       4  4  7  

     

  3番   山裾は色とりどりに燃えてます      5  7  5    

       あなたを想って嫁いでいく身      4  4  7      

       いつか分かってくれるでしょうか    3  4  4  3  

       拝殿の鈴を鳴らして祈ります      5  3  4  5 

       あなたの幸せ祈ります         4  4  5    

       あふるる涙の白無垢姿         4  4  7

     

  ※ 御嶽 みたけ  静寂 しじま  山裾 やますそ  白無垢姿 しろむくすがた

 

このように修正いたしました。1番の冒頭・・♪♪ 畦道にコスモスの花咲き乱れ ♪♪・・ですが、私はこの部分のことばを気に入っておりました。しかし、6行目・・♪♪ 浴衣の花よりなお美しく ♪♪・・との整合性に問題があると考えました。

コスモスの咲く時期に、浴衣を秋田県の方が着るとは、聴いて下さる方に理解して頂けないと思ったのです。9月初めの逢瀬であれば不自然ではないと考えたのですが、その背景については歌詞の中で表現できませんでしたので、修正をすることにしました。・・♪♪ 一面にヒマワリの花咲き乱れ ♪♪・・としました。

2番の3行目ですが・・♪♪ 震えるこころ ♪♪・・この部分ですが、良く意味が伝わらないのではとの懸念から、・・♪♪ 女のこころ ♪♪・・と致しました。女性なら主人公の由美子の〈女こころ〉を分かって頂けるのではとの思いで変更致しました。

同じく2番の6行目の・・♪♪ 私のいのちを支えています ♪♪・・ですが、2番を締めることばとしては弱く、また意味に深さもなく、考えたあげくに・・♪♪ 静寂(しじま)の夜明けに枕濡らして ♪♪・・と纏めました。

以上のように修正し、これが完成かと思っています。この作詞は、筧哲郎先生(竹見さとし先生)に作曲・編曲をお願いし、この曲に相応しい歌い手さんに歌唱をお願いできたらと、今から期待致しております。それにしても、今回は「物語」を書いたためにあまりにも長くなってしまいました。

秋田県のアップルスターさん、随分とお待たせをいたし申し訳ありませんでした。3月半ば頃までには、多分歌入れも済んでお聴き頂けることと思います。きっと喜んでいただけることと信じています。         

最後に、このブログをご覧の方にお願いがあります。今回の「鳥海山物語」についてなのですが、「鳥海山と向日葵」の画像をお持ちの方がおられましたら、この曲のDVD用に拝借させて頂きたいのです。ネットにて、「鳥海山と向日葵」の画像を探してみたのですが、なかなか見つかりません。お持ちの方がおられましたら、何卒宜しくお願い致します。(今回の向日葵の画像は、鳥海山とは無関係のものです。)             

原料香月の作詞の小部屋 お問い合わせ


ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ