小鳥

ブログ

鳥海山物語

2018年03月21日

 鳥海山物語

「鳥海山物語」は、秋田県のアップルスターさんから「鳥海山」の作詞をとのご提案を頂き始めました。しかし私には鳥海山の知識が無く、どう作詞して良いやら見当もつかず随分と悩みました。

悩んだあげく、以前、室蘭のトッカリショの作詞で「トッカリショの伝説」という物語を作り、そのストーリーを基に作詞をしたことを思い出し、「鳥海山」も同じ方法を用いることに決めました。題名を「鳥海山物語」とし、2017年の9月16日の第5回目から物語を書き始めました。書いては直ぐアップするという方法でした。ですので、漢字の変換が間違えていたり、ストーリーも思い付きでどんどん書いて行きましたので、脈絡や整合性も多少問題があったかと思われます。

第5回から書き始め第33回の2018年1月3日にやっと完成いたしました。物語が完成してから、それでも第42回目で作詞もやっと完成しました。この作詞「鳥海山物語」が誕生するまで、第1回目から約5ヶ月の時を費やしてしまいました。

私は、この「鳥海山物語」をとても気に入っております。皆さまも、「物語」を自分の思い通りに作り、作詞にするという方法をぜひ試してみて下さい。

 鳥海山物語

  1番   一面にひまわりの花咲乱れ        

       凛々しくそびえる鳥海山よ        

       ふたり逢瀬の御嶽の神社        

       木洩れ日に白く浮かんだ横顔の     

       笑顔に輝くその瞳           

       浴衣の花よりなお美しく

       

   2番   あの人に何故に届かぬこの想い         

       夜更けに綴った涙の手紙        

       便り待つ身の切ない胸よ        

       境内であの日交わした口づけを      

       忘れはしませんいつまでも         

       静寂の夜明けに枕濡らして

       

  3番   山裾は色とりどりに燃えてます

       あなたを想って嫁いでいく身

       いつか分かってくれるでしょうか    

       拝殿の鈴を鳴らして祈ります      

       あなたの幸せ祈ります         

       あふるる涙の白無垢姿

       

※ 御嶽 みたけ  浴衣 ゆかた  静寂 しじま  白無垢姿 しろむくすがた

画像もこのように選びました。最後に、二人が別れても必ずいつか幸せがお互いに訪れることを信じて、次の画像も挿入いたしました。

       

当に長い月日を要してしまいましたが、秋田県のアップルスターさんのお蔭で「鳥海山物語」が誕生しました。心から、御礼申し上げます。

 

 

 

原料香月の作詞の小部屋 お問い合わせ


ブログカテゴリー

月別アーカイブ

ページトップへ